血栓による病気を予防|医薬品でシミを消す|体の内側から改善していきましょう

医薬品でシミを消す|体の内側から改善していきましょう

血栓による病気を予防

男女

たんぱく質を分解

大豆は植物ですが、畑の肉と言われるほど、たんぱく質を多く含んでいます。そして納豆は、この大豆のたんぱく質を、ナットウキナーゼという酵素で分解することで作られています。したがって納豆を食べると、ナットウキナーゼも摂取することになりますし、それによって体内のたんぱく質は分解されていきます。食べ物の栄養分は血液に溶け込むので、ナットウキナーゼによって分解されるのは、血液中のたんぱく質となります。具体的には、フィブリンという血液凝固作用のあるたんぱく質です。これが分解されれば、固まって血栓となった血液もまた、ほぐれていきます。そしてこれにより、血行が良くなっていくのです。ただし十分な効果を得るためには、1日に納豆約2パック分のナットウキナーゼを摂取することが大事です。

サプリメントでも摂取可能

血栓ができると、それによって血液の流れが悪くなるだけでなく、様々な病気になる可能性が高くなってきます。たとえば、血栓が脳の血管内に詰まると、それを押し流すために強い力が加えられます。それにより血管が破裂すると、脳卒中となるのです。また、心臓付近でこの現象が発生すると、心破裂のリスクが高まります。逆に言えば、ナットウキナーゼによって血栓を小さくしていけば、これらを予防できるということです。もちろん日頃からナットウキナーゼを積極的に摂取していれば、そもそも血栓自体ができにくくなります。そしてナットウキナーゼは、納豆だけでなくサプリメントからも摂取できます。納豆の風味が苦手という人でも、サプリメントなら風味を全く気にせずに飲み込むことができます。